プロフィール

京極ちうね、東京生まれ。

12年間の修行生活

2003年10月15日、私は病気になり家からでられなくなってしまいました。

その時に、夫である式神ほつまさんの元にお香のかおりとともに天女様か観音様のようなものが現れ、定められていることなので、時がくれば治りますというお告げをもらいます。

そしてぴったり12年後の2015年10月15日、大手術を行い生還します。

その前日にも式神さんの元にお香のかおりとともに天女様か観音様のようなものが現れて、全て天にまかせよというお告げを受けます。

この闘病生活で「飢餓の苦しみ」「お金を一切触らない生活」などに強制的に陥り、それでどんなことが起こるのかを体験しました。

面倒ごとに巻き込まれる

闇の組織に関わってしまいましたが、神の力により救い出されました。
いまだ解決はしていないのですが、とりあえずは無事です。

神仏の力
苦境に陥った時に、神仏の力をまざまざと見せられ、感謝とともに龍の旅プロジェクトをはじめました。

このプロジェクトは古代史を探求し、神社仏閣を参拝するものです。

2017年の終わりごろから神社参拝に頻繁に行くようになり、不可思議な体験を次々としていきました。
ちなみに式神ほつまさんが5年前に作った団体は、国からナンバー888の数字をいただき、8がお目出度い数字・龍の数字であることを知ります。
「888」と書いてある名刺を渡すものがいたら、それは我々です。

イベント各種

  1. 白鳳仏に会いに行く深大寺ツアー
  2. オラクルカードパーティ
  3. 個人セッション
  4. スピ会議2+ギフトの瞑想
  5. ビブリオマンシーと誘導瞑想
  6. フォーチュンセラピー

プロフィール

闇の組織にいたが、神様のお告げにより救い出される。
神社参拝。陰陽五行、気功、心理学、古代史、仏教、古神道、瞑想法、夢解き、オラクルカードリーダー、龍の旅プロジェクト。ロストランダー。米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト
YouTubeチャンネルやイベントなどをやり始める。
電子書籍出版に執念を燃やす。
フォトスケープも使い倒す。

ページ上部へ戻る