寺・仏様

王禅寺の聖観音様が入浴中に現れた

王禅寺

昨年から封印していましたスピリチュアルな話題を、久しぶりにやろうと思います。

あれからたくさんのことが起きているのですが、書かずにいます。

これだけはお伝えしたいと思うことは、やはり書いていきたいと思います。

新百合ヶ丘の駅で降りると、王禅寺というお寺があります。

そこにいってみました。

とても雰囲気が良くて、趣のあるお寺です。

こちらが山門。

星宿山と書いてありますね。

静かなお寺ですが、ぽつりぽつりと人が参拝に訪れていました。

天皇の夢枕に

王禅寺の本殿のご本尊は薬師如来様です。

癒しの効果がすごいです。

本殿に参拝させていただきましたら、なんか降り注いできた感じがしました。

そして本殿から少し歩くと、不思議な聖観音のお堂があります。

天平宝字元年(757年)孝謙天皇の夢に観音様が現れます。

孝謙天皇はあの奈良の大仏をつくった聖武天皇の娘ですね。

孝謙天皇については、こちらの記事もご参考にお読みください。

https://mule.kusege.site/archives/962

夢に現れた観音様は、

仏様
観音様

武蔵国の光ヶ谷戸という所に居ます

そう告げました。

それで孝謙天皇は武蔵野に遣いを送り探させるのです。

そして一寸八分の聖観音がみつかり、これをまつったのが王禅寺だそうです。

こちらもお参りさせていただきました。

丁度ご住職がいたので、御朱印も書いてもらいました。

私はこの時、母を亡くした悲しみに向き合えておらず、母の遺品も触れなくて、片付けもできない状態でした。

王禅寺では悲しみが少しでも癒えるように、お願いをしたのでした。

頭の上から花びらが

それから3、4日後。

私がお風呂に入ってぼーっとしていたときに、なんと観音様が現れました。

観音様は私の頭の上に桃色の花びらを、はらはらと落としてくださいました。

桜よりも大きい、蓮の花なんでしょうか。

とてもきれいな花びらで、それがはらはらと落ちてくるのです。

そういえば観音様は蓮の花を持っていらっしゃいますね。

とてもありがたくて、うれしかったです。

翌日、主人から言いつかって、母の荷物に触らなくてはならなくなりました。

どうしようと思いましたが、大丈夫でした。

母の荷物に触ることができました。

観音様が癒してくださったのですね。

不思議なことですが、ただただ有難いの一言です。

関連記事

  1. 起きたら大國魂神社

  2. 談山神社~クーデターを成功させた密談の場所

  3. 鎌倉長谷寺・もう一つの十一面観音

  4. 無実の汚名を晴らしていただける、天神様

  5. 法華寺~聖徳太子二歳像のお力

  6. 芦ノ湖の龍神・箱根~大瀬崎

  7. 龍神様が話しかけてきた・六所神社

  8. 六所神社・龍神の池

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。