雑学

平安貴族が60日に一度夜遊びしていた理由

平安貴族の夜遊びのわけ

平安時代の貴族は60日に一度、一晩中寝ずに過ごして、みんなで集まり夜通し歌合せや碁、双六、扇投げ、管弦などに興じました。

この日は庚申御遊と言われておりました。

なぜ一晩中寝ないで過ごさなければならなかったのか。

それは人間の体の中にいる三尸(さんし)と呼ばれる虫が、庚申の夜に床に就くと体から抜け出して、その人の悪事を天帝に言いつけると言われていたからです。

天帝はそれを聞いて、人の寿命を短くしてしまうのだそうです。

なんということじゃー。

この虫は悪意のない悪事とか、たまたまありを踏んづけてしまったとか、そういうものまで全部報告してしまうので、寿命を削られるのをみんな嫌がったのですね。

これは陰陽道や道教からくるものです。

それで庚申の日には寝ないで起きていれば、三尸が身体からでていかれないということなのです。

三尸の種類

wikiより

◆上尸(じょうし)
彭踞(ほうきょ)青姑(せいこ)青古(せいこ)青服(せいふく)阿呵(あか)蓋東(がいとう)とも呼ばれる。色は青または黒。

人間の頭の中に居り、首から上の病気を引き起こしたり、宝貨を好ませたりする。

『太上除三尸九虫保生経』では道士の姿で描かれる。

◆中尸(ちゅうし)
彭躓(ほうしつ)白姑(はくこ)白服(はくふく)作子(さくし)彭侯(ほうこう)とも呼ばれる。色は白または青、黄。

人間の腹の中に居り、臓器の病気を引き起こしたり、大食を好ませたりする。

『太上除三尸九虫保生経』では獣の姿で描かれる。

◆下尸(げし)
彭蹻(ほうきょう)血姑(けつこ)血尸(けつし)赤口(しゃっこう)委細(いさい)蝦蟆(がま)とも呼ばれる。白または黒。

人間の足の中に居り、腰から上の病気を引き起こしたり、淫欲を好ませたりする。

『太上除三尸九虫保生経』では牛の頭に人の足の姿で描かれる。

 

なんだかユーモラスな虫たちですね。

三尸は大きさが二寸と言われています。

よく言われる小さいおじさんてこの類かな。

これはまた違うのかな。

大きさ的には同じような感じですかね。

 

庚申待ち

この庚申御遊はその後、庚申待ちと言われて民間にも広がりました。

明治時代まで結構盛んにおこなわれていたと言います。

最近では庚申待ちはあまり聞きませんね。

庚申塔というものをたまに見かけますが、それが庚申待ちの名残で、庚申の日には庚申参りをするのです。

たまにお寺さんで庚申参りをやっているところがありますね。

夜にみんなで集まると、お坊さんが庚申の日の特別のお経を唱えてくれます。

夜通しやるということはなくなったみたいですが、庚申信仰はいまでも残っています。

神社でも庚申祭りをしているところがあるようです。

柴又帝釈天は、庚申の日が有名です。

小さい頃はよく柴又帝釈天に行きました。

寅さんのロケがきていたこともありました。

懐かしい場所です。

今は遠くなってしまいましたが、またいきたいなー。

 

三尸を封じる法

 
一晩中おきていなくとも、三尸を封じる方法があります。

庚申の日に、

「しやむしは いねやさりねや わがとこを ねたれどねぬぞ ねねどねたるぞ」

と唱えましょう。

これで三尸はでていかれなくなります。

 

関連記事

  1. 夏至

  2. 出雲と大和・スピなレポート

  3. 平安貴族が実践していた幸せになる方法

  4. エケコ人形

  5. エケコさん専用たばこと歌占カード

  6. 龍はお目目くりくり

  7. 平安貴族に学ぶ開運術~陰陽師の秘伝書

  8. スパイラルダイナミクス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。