寺・仏様

高幡不動~土方歳三の菩提寺

高幡不動

いままで何度も高幡不動にはきていますが、きちんと参拝していなかったことがあらためてわかりました。

本堂についたら、ちょうど護摩供養が始まりました。

七五三の人たちもきていて、賑やかな感じでした。

土方歳三の銅像と五重塔です。

 

ちなみに銅像は写真と全く似ていないですね。

とっても強いお不動様

高野山でもそうでしたが、真言宗は途中で塗香をしてから、近くに行ってご本尊に順番に手を合わせることができます。

護摩供養に参加している皆さんで順番に塗香をもらい、お参りをいたしました。

その間お坊さんたちは大きな声で般若心経を唱えていました。

護摩供養が終わり、私たちは裏側にある奥殿にいきました。

奥殿と五重塔の写真です。

ここに平安時代から伝わる不動明王様がいらっしゃいます。

料金を払って中に入りました。

いままで何度かきているのに、ここに入っていなかったのです。

いろいろなお宝が展示されています。

土方歳三の書簡もありました。

とてもきれいな字で、しかも素敵な文章でした。

ここのお不動さんは丈六不動と呼ばれとても大きいお不動さんです。

見ただけで魔物もはだしで逃げ出すような怖いお姿です。

そしてつえええええ。

脇に矜羯羅童子(こんがら)と制吒迦童子(せいたか)がいらっしゃいます。

こちらに手を合わせることができました。

そしてメッセージもいただきました。

健康については、なんと、お花のにおいを嗅ぎなさいと言われました。

お花の匂いで健康になる。

確かに花の匂いで癒されますね。

そして体の不調も整うってことですね。

お花は仏壇に飾っている花でもいいのかな。

とりあえずお花屋さんの前を通ったら、においをかがなくちゃね。

そしてもう一つ、大事なメッセージをいただくことができました。

いよいよ時が来たようです。

氏神様でいただいたメッセージとつながりました。

メッセージは忘れてしまうので、すぐにメモを取るようにしています。

 

 

 

関連記事

  1. お不動さんから炎をいただいたお話

  2. 魔除けの陣を張るかのように神社に行っていた

  3. 早良親王・大伴家持、祟り事件

  4. おみくじ整理・おみくじ帳

  5. 法華寺~聖徳太子二歳像のお力

  6. 高野山でお授戒を受けてきた

  7. 六所神社・龍神の池

  8. 神様の御遣いの方が現れた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。